プロミス

すでに年収の3分の1以上の借入れがある方はどうすれば良いか?

プロミスは、三井住友銀行の関連会社という安心感もあり、キャッシングサービスを提供する企業の中でもトップクラスの人気を誇るものとなっています。

 

しかし、総量規制の影響によって、「プロミスに申し込みたくても申し込めない」という方がいるのも事実になります。

 

総量規制では、「年収の3分の1以上の貸付け」を禁止していますので、自分の年収の3分の1を超える契約はできないことになってしまいます。

 

もし、お金を必要としているにもかかわらず、総量規制の影響で困っているようなら、「銀行系」ではなく「銀行」が提供するサービスを利用するのも、一つの方法になると思われます。

 

銀行そのものが提供するサービスでは、「新生銀行レイク」「オリックス銀行カードローン」などがありますので、これらのサービスの利用を検討するようにしてください。

 

ただし、銀行の提供するサービスであっても、失業されている方や専業主婦の方の利用は困難となっていますので、注意するようにしてください。

 

プロミスには、「30日間無利息サービス」などの特典があり魅力的なサービスとなっていますが、総量規制によりやむを得ない場合には、他のサービスの利用を検討することも必要になります。

プロミスの借入れを一括返済する場合について

プロミスのキャッシングでは、カードの発行さえ完了していれば、利用限度額に応じて、何度でも好きなときにお金を借りることができます。

 

そのため、実際にお金を必要としている人だけでなく、「何かあったときのために」という意味で、カードの発行をしている方も多くいます。

 

また、実際にキャッシングをした後は、計画的な返済をしていくことになりますが、返済期間が短いほど、利息分がお得になります。

 

そのため、ボーナスや臨時収入が入ったときに、残りの残高を一括で返済したい、ということもあると思います。

 

もちろん、プロミスからキャッシングしたお金を一括で全額返済することもできますが、「返済日によって入金するべき金額が異なる」ので、一定の注意が必要になります。

 

具体的には、プロミスコールなどに電話をかけ、返済額を確認してから入金する、あるいは、インターネット返済などが利用できます。

 

また、最後の返済に1000円未満の端数が生じますが、硬貨の使用できないATMからの入金ができないことになります。

 

そのため、最後の返済のときだけ、「三井住友銀行ATM」に行くか、「銀行振込」で完済する方法になります。

 

プロミスの店頭窓口でも返済できますが、入りにくいというデメリットがあるので、利用している人は少ないと思います。